店内全品送料無料 ピペラックスシロップ 犬猫用 あす楽 動物用医薬品 50mL 日本メーカー新品 店内全品送料無料 ピペラックスシロップ 犬猫用 あす楽 動物用医薬品 50mL 日本メーカー新品 801円 【店内全品送料無料】 ピペラックスシロップ 犬猫用 50mL(動物用医薬品)【あす楽】 ペットフード・ペット用品 動物用医薬品 犬用 虫下し 801円 【店内全品送料無料】 ピペラックスシロップ 犬猫用 50mL(動物用医薬品)【あす楽】 ペットフード・ペット用品 動物用医薬品 犬用 虫下し /intergrapple1845819.html,ピペラックスシロップ,diaocminhtran.vn,【店内全品送料無料】,801円,犬猫用,50mL(動物用医薬品)【あす楽】,ペットフード・ペット用品 , 動物用医薬品 , 犬用 , 虫下し /intergrapple1845819.html,ピペラックスシロップ,diaocminhtran.vn,【店内全品送料無料】,801円,犬猫用,50mL(動物用医薬品)【あす楽】,ペットフード・ペット用品 , 動物用医薬品 , 犬用 , 虫下し

店内全品送料無料 ピペラックスシロップ 信頼 犬猫用 あす楽 動物用医薬品 50mL 日本メーカー新品

【店内全品送料無料】 ピペラックスシロップ 犬猫用 50mL(動物用医薬品)【あす楽】

801円

【店内全品送料無料】 ピペラックスシロップ 犬猫用 50mL(動物用医薬品)【あす楽】


必ず製品の添付文書をよく読み用法用量を守って正しくご使用ください。
ピペラックスシロップは、犬及び猫の回虫の駆除に効果があります。

■効能効果:犬、猫の回虫駆除
■用法用量:犬猫の体重を正確に求めます。体重1kgにつき0.55~1.1mLを1日に与える量とし、その1/2ずつを朝夕1日2回与えます。1回に与える量は、特に幼若の場合、少なめに設定します。
薬はそのままか、少量の水・餌などに混ぜて与えます。
回虫(成熟虫)は、1日薬を与えれば駆虫できますが、未成熟虫には効果はありません。10日以上(成熟虫が便にでてこなければ2~3週間)間隔をおいて再度虫下しを与えます。完全に駆虫するためには、感染犬猫の駆虫とともに、排出された寄生虫卵が感染能力を獲得する前にすみやかに便を処理します。
■使用上の注意:一般的注意
(1)本剤は効能・効果において定められた目的にのみ使用すること。
(2)本剤は過剰投与により副作用が発現しやすいので、定められた用法・用量を厳守すること。
犬及び猫に対する注意
1.制限事項
(1)てんかん等の痙攣性疾患や心臓・肝臓・腎臓の疾患がある場合、下痢など体調が優れない場合、特異体質、妊娠中、生後3ヶ月齢未満の場合には、本剤の使用を見合わせ獣医師に相談すること。
2.副作用
本剤の使用により下痢・嘔吐を起こす可能性があります。激しい症状があらわれた場合は、使用を中止し、獣医師に相談してください。
■保管上の注意:(1)小児の手の届かないところに保管すること。
(2)容器のふたをしっかり閉め、直射日光を避けてなるべく湿気の少ない涼しいところに保管すること。
■その他注意:計量は、添付のスポイト(3mL用、1目盛り0.5mL)を使用してください。
■主成分:100mL中
クエン酸ピペラジン 22.5g(無水物として20.0g)
■JANコード:4972468010029
■原産国:日本
■メーカー:現代製薬

■区分:動物用医薬品
■広告文責:ペットゴー株式会社 0120-958-046
■更新日時:2021/01/04 09:18:56

<免責事項>
本サイトに掲載されている商品情報は、商品パッケージやカタログ、またはメーカーから提供された情報に基づくものであり、その内容について当社は責任を負いかねます。これらについてのお問い合わせはメーカーに直接行っていただきますようお願いいたします。また、メーカーによる仕様変更に伴い商品の表記と実際の仕様が異なる場合がございます。

【店内全品送料無料】 ピペラックスシロップ 犬猫用 50mL(動物用医薬品)【あす楽】

スープ賢人 抱っこひも BELK. Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。